大根おろし・離乳食にも!氷も砕く強力なブラウンのブレンダーで時短家事が叶う

結婚してから自炊するようになったのですが、しばらく持っていなかったのがブレンダー。無くてもいいかなと思っていたのですが結婚祝いで友達からブラウンのハンドブレンダーをもらいました。

結果、我が家のご飯作りに大活躍! それぞれの部品や使い方、おすすめポイントをご紹介します。

ブレンダーの使い方

ブラウンのハンドブレンダーMQ5045の部品一覧わたしが使っているのはブラウン マルチクイック MQ 5045 です。ブラウンといえば、日本ではひげそりで有名。そのため男性もブラウンを知っている人が結構いるんです。

ブラウン マルチクイック MQ 5045は、ブレンダー、ビックチョッパー、泡立て器がこのセットで全てそろいます。

たくさんの機能がついているので、使いこなせるかがちょっと不安でしたが、いざ使ってみるとあれもこれもとマルチで使えてやっぱり便利です。

ビックチョッパー:みじん切りなどはこちら

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のチョッパー容器    ビックチョッパーの容器。

たこ焼きとか餃子とか、みじん切りが大量に必要な時がとくに重宝しています。みじん切りにしか使わないかなあと思いきや、数秒であればほどよい大きさにカットされます。形状にこだわりがなければ煮物とかカレーとかにも使えます。

こういったものを買うときに一番気にしていたのが洗い物。こういうのって洗うの面倒なのが多いじゃないですか。

これは刃が取れるので、洗うのが楽です。公式サイトによるとこんな風に書いてありました。

お手入れ簡単
専用計量カップに洗剤とぬるま湯を入れ、10〜20秒回転させるだけ。
また本体、泡立て器接続部、ビッグチョッパー接続部以外は食器洗い機で洗えます。

実家にあったブレンダーは昔ながらの刃が取れないタイプ。しっかり洗えているのか不安だったんですよね。危ないし。

このブラウンのブレンダーは食器洗い機でも洗えるらしい!我が家の食洗機は小さいので入らないのですが笑

大型の食洗機を持っている方ならかなり便利なのでは。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のチョッパー用のふたを上から見たときこれがふたです。この突起部分にモーターをつけます。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のチョッパーふたの裏側裏面。こっちを容器の方にセットします。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のビックチョッパーの刃は2種類ある刃は2種類。

左がみじん切り用で、右が氷を砕く用。アイス用カッターを使えば凍った果物やスムージーも作れるんですよ!自宅でスムージー作れるって最高じゃないですか?

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のビックチョッパーに刃をセットして上からみたとき

刃をセットしました。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のビックチョッパーに刃を入れて横から見たとき

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のモーターとビックチョッパーのふたをつけたときふたとモーターをつけて、本体にセットします。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のビックチョッパーをモーターにセット完了した状態けっこう容器は深いのですが、入れる量は少なめに。

詰めすぎるとみじん切りができるところとできないところがでてきます。刃が下にしかないのでしょうがないですね。ちょっとずつやる方が素早くできます。

大根おろしもおおきめのいちょう切りにして入れたらパパッとできます!ほんといいですよ〜!ジュース状になってしまうかと思いきや、ちゃんと大根おろしになります。

ハンドブレンダー:離乳食やスープはこっちが良さそう

離乳食作りなどに使えるブラウン ハンドブレンダーMQ5045の刃の部分飛び散らない設計になっているので、ボウルや鍋に入れたまま使えます。一見「刃がないんじゃないの?」という感じですが

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045の刃を拡大した状態刃はここにあります。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045の専用カップとともにブレンダーをセットした状態付属のカップでかくはんしてもOKです。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のホイップ用部品ホイップ用はこちら。よくあるハンドミキサーはこのモーター部分が2つなので、それに比べたらちょっとものたりないかも。

お菓子づくりをよくするという方や、大量に作るという方には不向きかもしれません。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045のホイップする部分とモーター部分は外すことができるホイップのものは部品が取れます。

このモーター部分は食器洗い機が使えないからです。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045の本体であるモーター部分全ての器具はこのモーター本体を使います。ボタンを押している間だけ回転します。

ボタンが2つあるのは、力が普通バージョンと、強力なターボバージョンに分かれているから。両方使ってみたけれど違いはよく分からないです。。。

上部にダイヤルが付いていて、ダイヤルの数が少ない場合は粗めに、大きい場合はペースト状・ジュース状にできます。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045には硬めの小さなヘラがついてくるヘラも付いてきました。

結構固めのヘラなので、みじん切りのネギはすくうのがちょっと難しかったです。もう少し柔らかくてもう少し大きめなヘラも別に持っておくと良いと思います。

時短になって夕飯作りがたのしい

ビシソワーズを作る

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045を使ってビシソワーズを作る前コンソメスープとジャガイモ、ネギを入れて火を通した後に、ブラウンの出番。ちなみに、本来ビシソワーズにネギはいらないです。笑

そして、もう少し大きめにカットしても大丈夫でした。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045でビシソワーズ用にじゃがいもなどをかくはんしたあと20~30秒くらいであっという間にペースト状に。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045を使ってビシソワーズを作った豆乳入れて出来上がり。簡単すぎました。

ちなみにフライパンはティファールを使っています。

関連記事

わたしの実家は10年以上ティファールのフライパンや鍋を使っています。もう今のティファール何代目だろう?そして、聞いたら夫の実家もティファールを使っていると! もちろんわたしたち夫婦もティファールを使っています。今回は定番セットのご紹介[…]

バジルソースを作る

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045を使ってバジルソースを作ろうとしている くるみ、粉チーズ、ニンニク、塩こしょうを入れてかくはんします。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045でくるみなどをかくはんしてバジルソースを作る 細かくなったところにバジルとオリーブオイルを入れます。

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045でバジルをかくはんする前 すでに美味しそう

ブラウン ハンドブレンダーMQ5045でバジルソースを作った   できました!ここまでで5分かかっていません!やっぱりはやい!

せっせとなんとか使いこなしていまして、大満足でございます。

ブラウン ブレンダーのデメリットは?

もらって本当に嬉しかったですが、使ってみていくつかデメリットも。

場所をとる

部品が多いので、結構台所で存在感があります。専用ケースなどもないので、雑多にしまっておく形に。きれいに組み合わさってしまえるともっといいなあ。

コードが短くてコンセントのそばでないと使えない

コードが短いんですよ。うちは台所のいいところにコンセントがないので、廊下でかくはんしています。笑

ちなみにコードレスも販売していますが、そのぶん価格もお高めみたいです。

ブラウン ブレンダーのメリットまとめ

・洗い物がラク
・面倒なみじん切りやスムージーが一瞬でできる
・なめらかなペースト状のものがすぐできるので料理の幅が広がる

いやはや、もはや魔法です。夕飯作りがちょっぴり楽しくなりました。

子どもも生まれたので、離乳食作りにも活躍してますよ〜!
ベビーフードを結構使ってはいるのですが、初期のアレルギーチェックのときは自作しないと市販のものがなかったりすることもあるので、ちょこちょこ登場しています。

便利グッズに興味がある方はこちらの記事もどうぞ

我が家ではブレンダーだけでなく、食洗機やルンバなどの時短家電や便利グッズに日々助けられています。

もっと家事を楽したい!という方はこちらの記事もどうぞ!

関連記事

共働きなら、なるべく家事は時短で済ませたいですよね。 私たちは結婚するまで実家暮らし。 いざ共同生活が始まったら家事の手際が悪すぎてなかなか終わらない!と困っていました。 また、子どもが産まれさらに時間が無くなり…。 […]