アウトプット大全 樺沢紫苑

樺沢紫苑さんの本、気づいたら手に取ってしまっているのよねえ。

樺沢さんは「日本一アウトプットする精神科医」と言われています。

心理学や健康に関することを軸に、たくさんの書籍を出版されています。

一番びっくりしたのが、「インプットよりもアウトプットに倍以上の時間をかける」というもの。

普段の私といえば、授乳をしながらVoicyを聴いたり、料理をしながらYouTubeを観たりと、なにかとインプットばかり。

アウトプットの時間ってそんなにとってなかったんです。

それが、倍以上の時間をアウトプットに使うとは…?

明らかにインプット過剰だということに気が付いてからは、意識的にインプット量を減らしました。

また、インプットするからにはしっかりアウトプットするという目的をもつようにもなりました。

そうすると記憶が定着しやすいし、なんとなく聞く、ということも減ってきて、頭がすっきりとさえしてくる。

また、著書では「ぼーっとする時間も大事」ということに触れています。

私はひっきりなしにずっと考え事をしていたので、ぼーっとするなんて最近してなかったなあ、と気づきました。

でも、ずっと考え事しているなんて疲れちゃいますよね。

ぼーっとする時間を意識的に取ろう、と思えたのも本書のおかげでした。

樺沢さんの本は他のものも少しずつ読み進めたいなあ。

このブログでは他にも本をたくさん紹介しています。

たとえば、ご紹介したいのはThink clearlyという本。

アウトプット大全が刺さった方にはハマるはず。

関連記事

[itemlink post_id="6489"] 心理学、哲学、投資の観点から、どういった人生を送ったらよいのかが書かれた本です。 500p近くあるので読むのも大変かと思うのですが、翻訳もわかりやすいので読みやすいです。 […]